覚醒剤

また芸能人が、覚醒剤で逮捕された。

父親がテレビで謝罪していた。

 

 

2世タレントは甘えてるだとか、色々言われてるけど、そうかもしれないけど、みんな、『覚醒剤』のことを、どういうものか本当に知ってるんだろうか。

 

 

『ダメ、絶対』

というキャッチコピーで、名前だけはみんな知ってる『覚醒剤』。

何で、絶対ダメなのか、知ってる?依存症になるから?うん、それもひとつ。

依存症になると、人生の頂点が覚醒剤になってしまって、どんなものよりも、覚醒剤が一番大事になってしまう。

お金、仕事、社会的信頼、愛する人、すべて無くなってしまう。家族や、当事者に関わる人達も、巻き込まれてしまう。

 

 

どんな大事なものよりも、覚醒剤が大事。

そして、そんな自分の思考に、何も疑いは持たない脳になってしまう。

 

 

覚醒剤の使用は犯罪行為なので、ダメなもんはダメ。別に弁護するつもりはありません。

 

 

ただ、こういう報道を見るたびに、ふと違和感を感じる。

いい加減、考え方を切り替える必要があるんじゃないのかな。

 

 

今や、『覚醒剤』は、いつでもどこでも手に入る。そしてその覚醒剤を使って、まさに今『キマってる』人も、そこらじゅうにいる。

でも、まず気付くことはないと思います。

 

覚醒剤を使うと、お酒に酔っ払ったようなカンジになると思っていませんか?もしくは、錯乱して奇声を発したり、笑いが止まらなくなったりするとか思っていませんか?常用者は、病的にガリガリに痩せてると思っていませんか?

 

答えは、全て間違いです。

 

覚醒剤は、まさに『覚醒』する(した気がする)クスリです。客観的に見たカンジは、なーんにも変わりません。よくドラマにあるような、のたうち回る禁断症状もありません。

 

 

ただ、覚醒剤欲求が、それはもう半端ではないのです。どのくらいかというと、『本能が、もうひとつ増えたようだ』と、よく言われます。お腹が空いたら何か食べたい、起きてるのも限界だから、何がなんでももう寝たい、それと同じくらいなんだそうです。何がなんでも覚醒剤を使いたいんです。

禁煙して、もうタバコ吸いたいと思わないって言う人いるけど、覚醒剤の場合は、もう使おうと思わないっていう日は2度と来ません。覚醒剤は『やめる』と言うより、『一生我慢する』が正解、と、経験者の人達は口を揃えて言います。

 

 

覚醒剤を始めたキッカケは人それぞれだた思うけど、だいたいみんな、『好奇心』だと言います。中二病がタバコやお酒を試してみたいのと同じノリです。

まさかこんなに頭を支配されるとも知らずに、タバコやお酒より、よりデンジャーなものを、刺激の強そうなものを選んだに過ぎません。皆がビビって越えられない一線を、自分は越えてやったぜ、という優越感が欲しかっただけです。

まさかこんなに全てを犠牲にすることになるとは。本人が、せめてそこに気付けば、依存症の治療に入ることも出来るかもしれないけど、そうは思わない思考回路になっています。

 

その時、家族はどうするべきなのか。

 

警察に通報して、逮捕してもらって、刑務所で違法行為の罪を償ってもらう?

 

 

外国の人に言わせると、日本人は冷たいって。こんなときこそ、家族が支えてあげなければ、って。

本人の責任を肩代わりする必要は1ミリもないけど、完全に突き放してしまうと、更正しようと思う気持ちをへし折ってしまう。結局、孤独感を誤魔化すために、また覚醒剤で、偽物の自信を取り戻して、気持ちだけは一時的に落ち着いたりして。

 

 

日本には、薬物依存症の専門治療機関が、ほとんどありません。そして、依存症に対する偏見もあります。

 

日本は島国だから、少しでも自分達と違うものにはホント厳しい。外国人、障害者、同じ日本人でも、自分とタイプが違うというだけで、拒否モードに入る。

 

 

人の文句言うのは簡単な事で、建設的な行動をするのは、日本人は最も苦手とするところではないかなと思う。

 

 

いい加減、正しい知識を共有して、うっかり道を踏み外した人を、ちゃんと助けてあげるべきなんじゃないでしょうか?

正しく理解しないから、間違えるんです。