ガンマナイフ

再発した脳腫瘍に、放射線を当ててきました。

 

ガンマナイフといいます。

 

入院2日目、点滴をつないで、多分生理食塩水というやつです。横から、まずは『腫れ止め』って言ってたので、脳の腫れを押さえる薬剤を注射器で1本。その後、『ちょっとボーッとしますよ~』と言って、注射器でもう1本。車イスに乗せられて、1階の放射線室に降りるあいだ、イテテ、腕がイタイ・・

後でいれたぶんは、血管痛がするからねって言ってたけど、イテテ・・と、思ってるまにボンヤリしてきた。

 

ガンマナイフは、頭の中にある腫瘍にピンポイントで放射線を当てる装置で、間違いなく腫瘍にだけ当てるために、頭にフレームを着ける。アメフトのプロテクターみたいなのを、頭蓋骨に直接固定する。4ヶ所、局所麻酔を打って、アンカーみたいなのを打って、ネジで固定する。更に上から何か装置をガチャンと被せられた感じで、MRIみたいな機械の中に、ウィーンって入って行く。この頃にはもうすっかりボンヤリしているので、自分が何してるかもよくわからない。

 

何か終わったらしく、今度はフレームを外す。前回凄く痛かった記憶があったので、痛み止めの飲み薬を処方してもらったら、あら不思議。ぜんっぜん痛くない。

 

医学の力に感謝。

 

ネジをキリキリっと回して、スポッて感じで、あっさり外れた。ヨカッタ。もう終わり。

 

後は半日、麻酔が抜けるのを待つのみ。

頭を上げると吐きそうになるので、ゴハンが食べれない。でももう夜には随分スッキリして、普通に歩けるようになった。

 

 

アンカーを打ってた所を消毒する綿棒を何日分かもらって、退院。

 

 

開頭手術以来、頭の皮が浮いてるカンジがして、感覚がない。

病人なんだなぁ、私。と、実感する。

 

あんなにバリバリ仕事してたのに、もう以前のようには働けない、と思うと、へこむ。

 

 

きっと神様が、生き方を変えなさい、と言ってるに違いない。でも、なにすればイイのか解らない。とりあえず無になって、何か閃くのを待とうかな。しかし何も自力で生活できないところまで落とさなくても(笑)
f:id:megumi0613akihiro:20170713193238j:image