湯のまち別府に移住しようと思い。

そうだ、別府に移住しよう。


なぜなら担当店が別府になったから。


普通にアパート借りれば早いんだけど、何と、別府には空き家がたくさんあるのです。

イイじゃ~ん


戦争のとき、空襲を受けてないので、そりゃもうレトロなお家がたくさん。高齢化が進み、住む人がいなくなった物件を、歩いて見て回っては物色している日々でございます。


別府は住んでる人も、わりとアレな感じな人がけっこういて、仕事してても毎日楽しい。


いつもJRで出勤するけど、この前たまたま車で行った日。


職場の手前の大きい月極駐車場を、自転車でグルグル廻ってるおじさんがいる。信号待ちの間、ずっと見てたけど、よく見たら、二本歯の下駄(よくある、鼻緒が黒くて本体が四角いやつ)をはいて、しかもなぜか歯磨きをしていた。器用だなあ。


って、限度っちゅうモンがあるわ!

なにしてんねん。


あと、道端の鳩が近い。

すっごく近い。

別府に行った事があるひとなら分かる。

エサもやってないのに全然逃げない。


フレンドリーなのか?観光地だから?


海の側のマックでは、カモメの殺気がハンパない。ポテトとか投げようモンならスゲー勢いでさらっていく。



お風呂セット持って歩いている人が時々いる。
家にお風呂付いてなくて、地区の銭湯に入りに行くみたい。これ、けっこう普通らしい。


夜になると、ちょっと路地裏に入ればもう日本ではないみたいな、不思議な空気感。


良い住みかが見付かるといいなあ。


南海トラフ地震、来ませんように。