発達障害とは。最終章(たぶん)。

色んな事が出来ない、問題行動が多い、でも知能には問題なし。むしろ高い人が多いらしい、それが発達障害


最近ね、悟りが開けたのですよ。フフフ。



発達障害って、何に対して障害があるのですか?



答えはカンタン。


現代社会において、障害なのです。


んじゃ、現代社会ってどーゆーものなんでしょうか?




いじめも喧嘩も自己主張もなく、毎日平和に、可もなく不可もなく、上が認めたものだけを、ひたすら一生懸命、しかもソコソコ頑張る人が一番素晴らしい!とソコソコの人が評価する。ちょっと違うと思ったら、多数決で排除して、その人丸ごと潰しに掛かる。いつも『普通』と『みんな』を掲げて。



小学校でも中学校でも、<個性を伸ばす教育>とか、<地域で子供を育てる>みたいなのを学校の玄関や職員室の前の廊下に貼り出していたけど


そんなの、嘘ばっかり。



例えばうちの息子は、勉強は出来ないけど物を作るのは超得意。学校で、理科や美術の時間に配られた教材を、一人だけ瞬殺で完成させる。ちょっと難しいのが出ると、同期生が「俺の作ってくれよー」と殺到し、面白がって頼まれていたら「皆を手伝いすぎる」と、通知表の点数を落とされたこともあった。



あのね、親バカと言うのは勝手ですけど、こんなに異常なほど物を作る事に特化した子供に対して、なぜそこを伸ばしてやろうと思わないのですか?



ほかのテストの点が極端に低いから?人の物を盗むから?嘘をつくから?毎日遅刻するから?気分の浮き沈みが激しくて付き合いにくいから?



中学卒業後の進路相談も、学校からは「とりあえず働いてみるしかない」とか言われたけど、ハローワークから職業訓練校(木工建築を専攻。そう言えば、保育園時代から大工になりたいと息子は言っていた。)の資料をもらって持って行くと、前例がない、と面倒くさそうな反応しか帰ってこない。



そうなの。元々<個性を伸ばす教育>なんてシステム無いわけ。



自分の不幸を人のせいにするのは甘ったれのする事だから、先生のせいとか教育のせいとか言う気は毛頭ないし、強いて言うなら私の経済力の無さが息子の自由な選択を妨げたわけで。



でもさー、昔の職人さんとか、画家の人とかって、もう子供のころから師匠に弟子入りして、
得意分野を極める事に没頭できる環境があったよね。んー、江戸時代とか。んで、だいたいスゴい職人さんに限って偏屈なんだよね。コミュ障というか。


つまりね、発達障害っていうのは、昔からあったんだと思うのよ。


ただ現代社会において、都合が悪いから社会問題になってるんだと私は思う。


浅田次郎のプリズンホテル、読んだけど、昔はヤクザが落ちこぼれ小僧を預かって、礼儀作法なんか躾をしてた。ちゃんと、いわゆる勉強できない子も受け皿があったのに。


みんな仲良くしないといけないから、傷つけないように、ふんわりと『うちは無理なのよね~』と、拒絶される。


どゆこと?



コンビニの店長してるから、色んな人をみてきたけど、一番使えないのが


勉強しかできないやつ。


いつまでたっても自分で何も判断出来ない。



それもある意味才能か。



発達障害の子供をもつ親御さん、自分は大人の発達障害だというアナタ。



大丈夫、実は人間はほとんど発達障害の要素を持っています。バランスのとれた脳ミソをお持ちのあの人、それはまさしく凡人に他なりません。



発達障害は障害ではなく、発達アンバランス症候群というのが正しい、と言った精神科医の先生がいましたが、素晴らしい!



できない事は、しなくていいんですよ。


凡人の評価を気にする必要はないんですよ。


そんなことより出来ること、得意な事を極めたらどうですか?



好きなことばかりやって生きていけるんなら最高じゃないですか。



え、うちの息子?
朝起きれないんで大工にはなれませんでしたが、人の気持ちがわかるイイ奴になりました(笑)一緒にコンビニで働いてますが、1年前から一人暮らしを始め、今年成人式でした。DIY に明け暮れています。楽しそうですよ!