覚醒剤

また芸能人が、覚醒剤で逮捕された。

父親がテレビで謝罪していた。

 

 

2世タレントは甘えてるだとか、色々言われてるけど、そうかもしれないけど、みんな、『覚醒剤』のことを、どういうものか本当に知ってるんだろうか。

 

 

『ダメ、絶対』

というキャッチコピーで、名前だけはみんな知ってる『覚醒剤』。

何で、絶対ダメなのか、知ってる?依存症になるから?うん、それもひとつ。

依存症になると、人生の頂点が覚醒剤になってしまって、どんなものよりも、覚醒剤が一番大事になってしまう。

お金、仕事、社会的信頼、愛する人、すべて無くなってしまう。家族や、当事者に関わる人達も、巻き込まれてしまう。

 

 

どんな大事なものよりも、覚醒剤が大事。

そして、そんな自分の思考に、何も疑いは持たない脳になってしまう。

 

 

覚醒剤の使用は犯罪行為なので、ダメなもんはダメ。別に弁護するつもりはありません。

 

 

ただ、こういう報道を見るたびに、ふと違和感を感じる。

いい加減、考え方を切り替える必要があるんじゃないのかな。

 

 

今や、『覚醒剤』は、いつでもどこでも手に入る。そしてその覚醒剤を使って、まさに今『キマってる』人も、そこらじゅうにいる。

でも、まず気付くことはないと思います。

 

覚醒剤を使うと、お酒に酔っ払ったようなカンジになると思っていませんか?もしくは、錯乱して奇声を発したり、笑いが止まらなくなったりするとか思っていませんか?常用者は、病的にガリガリに痩せてると思っていませんか?

 

答えは、全て間違いです。

 

覚醒剤は、まさに『覚醒』する(した気がする)クスリです。客観的に見たカンジは、なーんにも変わりません。よくドラマにあるような、のたうち回る禁断症状もありません。

 

 

ただ、覚醒剤欲求が、それはもう半端ではないのです。どのくらいかというと、『本能が、もうひとつ増えたようだ』と、よく言われます。お腹が空いたら何か食べたい、起きてるのも限界だから、何がなんでももう寝たい、それと同じくらいなんだそうです。何がなんでも覚醒剤を使いたいんです。

禁煙して、もうタバコ吸いたいと思わないって言う人いるけど、覚醒剤の場合は、もう使おうと思わないっていう日は2度と来ません。覚醒剤は『やめる』と言うより、『一生我慢する』が正解、と、経験者の人達は口を揃えて言います。

 

 

覚醒剤を始めたキッカケは人それぞれだた思うけど、だいたいみんな、『好奇心』だと言います。中二病がタバコやお酒を試してみたいのと同じノリです。

まさかこんなに頭を支配されるとも知らずに、タバコやお酒より、よりデンジャーなものを、刺激の強そうなものを選んだに過ぎません。皆がビビって越えられない一線を、自分は越えてやったぜ、という優越感が欲しかっただけです。

まさかこんなに全てを犠牲にすることになるとは。本人が、せめてそこに気付けば、依存症の治療に入ることも出来るかもしれないけど、そうは思わない思考回路になっています。

 

その時、家族はどうするべきなのか。

 

警察に通報して、逮捕してもらって、刑務所で違法行為の罪を償ってもらう?

 

 

外国の人に言わせると、日本人は冷たいって。こんなときこそ、家族が支えてあげなければ、って。

本人の責任を肩代わりする必要は1ミリもないけど、完全に突き放してしまうと、更正しようと思う気持ちをへし折ってしまう。結局、孤独感を誤魔化すために、また覚醒剤で、偽物の自信を取り戻して、気持ちだけは一時的に落ち着いたりして。

 

 

日本には、薬物依存症の専門治療機関が、ほとんどありません。そして、依存症に対する偏見もあります。

 

日本は島国だから、少しでも自分達と違うものにはホント厳しい。外国人、障害者、同じ日本人でも、自分とタイプが違うというだけで、拒否モードに入る。

 

 

人の文句言うのは簡単な事で、建設的な行動をするのは、日本人は最も苦手とするところではないかなと思う。

 

 

いい加減、正しい知識を共有して、うっかり道を踏み外した人を、ちゃんと助けてあげるべきなんじゃないでしょうか?

正しく理解しないから、間違えるんです。

 

 

 

脳腫瘍プレイバックパート2

3ヶ月に一回、定期検査のMRIに通っている。

 

前回、新たな腫瘍が発生していて、でも3日の入院(ガンマナイフ)で治まったと思っていたのに、またアヤシイことになっているらしく。。

 

 

去年、手術して治療した5個の腫瘍の中の一番大きいヤツが、今頃ちょっと元気を出しているらしく、脳が腫れているそうな。

どおりで最近、頭がイタイし、耳鳴りはするし、目も残像のようなものが見えて、ちょうど見たいところの邪魔をする。

 

 

今回は、とりあえず薬で様子を見てみるらしい。飲み薬。

 

ツムラ 五苓散 2.5g

イソバイドシロップ70%分包20ml

リンデロン0.5mg

ファモチジンD錠20mg

 

である。

 

 

このシロップがくそマズイらしく、まずは先生に予告され、次は調剤薬局の人に、飲み方のコツを教えてもらった(この人も飲んだことあるらしく、苦労したと言っていた)。どんだけ飲みにくいねん。。

 

漢方とシロップは、1日3回、あとの2つは朝晩の2回。午前中病院行って、『お昼から飲んでね!』と言われたので、ゴハン食べて薬を飲む。

1時間ほどして、一緒にいた姉ちゃんが、『アンタ、その顔どしたん?!』

と、言うのでビックリして鏡を見ると、蕁麻疹が出てた。ひえ~。

 

急いで病院に電話。

 

どうやら、1日3回の分に、抗アレルギー薬があったらしく。

てことは、夜から飲んだ方がよかったんじゃん。

まいっか。

先生は、アレルギー反応が出たことより、

『シロップ飲めた?』

と、シロップの不味さを心配していた。

 

 

だから、どんだけだっちゅうねん。

オノ ヨーコ

オノ ヨーコさんの

『どんぐり』というタイトルの本を買ってみました。

相変わらず、いつも魂が揺さぶられる想いです。この人のメッセージには、いつも心が動かされます。

 

何か1ページ、気に入ってしまつたので、紹介します。

 

 

 

生命の作品  Ⅷ

 

公衆トイレに幽霊が立っていた。

天に昇って光になってはどうかと言ってみた。

『そんなことはしたくない』彼は言った。

『なぜ?』

『自分の個性を保ちたいからだ』

 

光になるよりも公衆トイレのほうがいいというのは、興味深いと思った。

それほど自分が思う『個性』が大切なのか、

それとも単に動くことを恐れているのか?

 

現在自分のいる場所について、教えてください。

 

 

 

 

グッとくるねぇ~。

ガンマナイフ

再発した脳腫瘍に、放射線を当ててきました。

 

ガンマナイフといいます。

 

入院2日目、点滴をつないで、多分生理食塩水というやつです。横から、まずは『腫れ止め』って言ってたので、脳の腫れを押さえる薬剤を注射器で1本。その後、『ちょっとボーッとしますよ~』と言って、注射器でもう1本。車イスに乗せられて、1階の放射線室に降りるあいだ、イテテ、腕がイタイ・・

後でいれたぶんは、血管痛がするからねって言ってたけど、イテテ・・と、思ってるまにボンヤリしてきた。

 

ガンマナイフは、頭の中にある腫瘍にピンポイントで放射線を当てる装置で、間違いなく腫瘍にだけ当てるために、頭にフレームを着ける。アメフトのプロテクターみたいなのを、頭蓋骨に直接固定する。4ヶ所、局所麻酔を打って、アンカーみたいなのを打って、ネジで固定する。更に上から何か装置をガチャンと被せられた感じで、MRIみたいな機械の中に、ウィーンって入って行く。この頃にはもうすっかりボンヤリしているので、自分が何してるかもよくわからない。

 

何か終わったらしく、今度はフレームを外す。前回凄く痛かった記憶があったので、痛み止めの飲み薬を処方してもらったら、あら不思議。ぜんっぜん痛くない。

 

医学の力に感謝。

 

ネジをキリキリっと回して、スポッて感じで、あっさり外れた。ヨカッタ。もう終わり。

 

後は半日、麻酔が抜けるのを待つのみ。

頭を上げると吐きそうになるので、ゴハンが食べれない。でももう夜には随分スッキリして、普通に歩けるようになった。

 

 

アンカーを打ってた所を消毒する綿棒を何日分かもらって、退院。

 

 

開頭手術以来、頭の皮が浮いてるカンジがして、感覚がない。

病人なんだなぁ、私。と、実感する。

 

あんなにバリバリ仕事してたのに、もう以前のようには働けない、と思うと、へこむ。

 

 

きっと神様が、生き方を変えなさい、と言ってるに違いない。でも、なにすればイイのか解らない。とりあえず無になって、何か閃くのを待とうかな。しかし何も自力で生活できないところまで落とさなくても(笑)
f:id:megumi0613akihiro:20170713193238j:image

再発です。

去年の11月に手術して以来、3ヶ月に1回、頭部MRI を撮りに行っています。

 

並行して、乳癌の治療も続いていて、これは3週間に1回通っています。

この前、先生に

『頭の方は、どんな感じ?』

って聞かれたので、

『3ヶ月に1回です。』

って答えると、

『そのくらいのペースなら心配ないね!毎月行ってるとかだったら、ちょっとアレかもしんないけど』

とか言われて、ちょっと安心してたのに。

 

新たな脳腫瘍が発見されました。

 

 

なにーーーーーーっ!!

 

 

MRI画像を見ると、うーん、確かにありますねぇ。3ヶ月前は、ほんのりその傾向があるかも・・いや、違うかも、って感じだったのが、元気出しちゃった、みたいな。

 

すぐさま入院の手続きをして、来週早々にまたガンマナイフの施術をすることになりました。アレ、フレーム着けるの痛いんだよな・・あぁイヤだ。

 

 

今回ので、私の頭の中には合計6個の腫瘍がある。こうして、また新たに出てきては放射線で叩き、またMRIで観察しながら、出てきては叩き・・の、繰り返し。もぐらたたきと一緒だよ!とか、前の入院のとき、先生に説明してもらっていた。脳には薬剤が届かないから(抗がん剤とか)、それしかないらしい。

 

 

前回の入院以来、私は仕事に復帰できず、傷病手当てというのを受給して生活している。

このカンジで再発、治療となると、会社に復帰するのは難しい・・コンビニの店長だから、仕事の性質上、不可能だな。休み希望出すのもまず無理なのに、ましてや連休とか絶対無理。突発で休んじゃうスタッフさんの穴埋めをする方の立場なのに、その私が"休まなきゃいけない日"を作るなんて。

 

 

病気は治療すれば何とかなりそうだけど、この傷病手当ての受給可能期間が終わったとき、どうやって生活したらイイのか解らない。もう44歳、転職するのもなかなかだし、頼れる家族がいるわけでもない。でも食べていかなきゃいけないし、家賃やカードの支払いは待ってくれないし、高額な医療費も、エンドレスでかかる。うーん、宝くじ買うか・・。

 

 

命あってこそなんだから頑張って!って励ましてもらえるのはありがたいんだけど、同情するなら金をくれ、と言いたい。

電車の痴漢トラブル対策

最近は、少し下火になってきたかもしんない、電車の痴漢のニュース。

被害者を守らなければいけないのは分かるけど、やっぱ一番コワイのは冤罪だよね。。

線路に飛び降りて逃げるのが流行ったし、そのせいで亡くなったかたもいるようで。。

防犯カメラの設置もいいけど、その触ってる部分はなかなか映らないだろーし、何がイヤって、『触られるかもしんない』って思いながら電車乗るのがイヤだよね。更に、『触られた』って言われるかもしんないって思いながら電車に乗るのもイヤだよね。

 

何とかならないのかなあ、なぜ痴漢は無くならないのか。

 

変態の皆さんを擁護するつもりはありません(笑)けど、あのねー、変態じゃなくても、そーゆー願望はあるひとは沢山いるのよね。

する方も、される方も。

だって、AVビデオとか、成人誌とか、レディースコミックとか、あるし。売れてるし。

 

ただ、願望はあってもイイけど、実際に思いきってやっちゃったら、それは犯罪なワケで。

 

でもやっちゃうんだよなぁ、どうすればいいのかなぁ。

 

そこで提案があります。

 

あのね、一番イイのは、男女別々に乗れば問題ないんだよね?

ただ、男女の比率を確定出来るものではないから、専用車両にするのは現実的には不可能だよ。

 

ではどうでしょう。

 

車両にはドアが前後についてますよね?

例えば、前のドアは男性専用、後ろのドアは女性専用にして、車内で境目に乗る人は、背中合わせで乗るとか、必ず両手のいどころが解るようにするとかすればイイんじゃない?

 

 

エスカレーターとか、右側は急ぐ人用で空けといたりするし。暗黙の了解的な。

 

 

JRさんに提案します。

痴漢トラブル対策の新ルールですよ。

犯罪者は見付けるからな!より、犯罪がおこりにくい環境にした方が、安心、安全に近いんじゃないでしょうか。

脳腫瘍、その後。

もう退院して半年がたった。

 

日常生活は送れるけど、仕事に復帰するのはまだ当分先になりそうです。。

 

手術のために丸刈りにした髪も少しのびて、またハル・ベリーカットになり(笑)

 

半分になっていた視野は、ほぼ完全に回復し、頭痛や乗り物酔いもなくなった。医学の力はスバラシイな・・

 

 

今は、3ヶ月に1回、頭部MRI 検査と、3週間に1回のハーセプチン投与と飲み薬のホルモン療法を続けています。これは、生きているうちは続けないといけないんだって。お金かかるわ~・・

 

 

生きていることを楽しみたいのに、生命を維持する為につかうお金で手一杯。私のように感じている癌患者さん、沢山いると思います。

 

 

治療費かかるからしょーがないか・・

 

とか言わなくてイイ未来を、誰か下さい。